logo

演奏会・イベント情報

リンクはリコーダーの広場にお願いします。 新規登録 修正など

リコーダーの演奏会、セミナー、リコーダー関係のイベントを皆さんからの情報をもとに掲載しています。

2019年8月21日(水)更新

御利用上のお願い:
 
 
日時、内容等が変更になることがあります。
必ず問い合わせ先に確認してから、
お出かけになるようお願い致します。


全データをこのウィンドウ内に表示 終了後1週間表示(全19件):0-25-50

2019年8月

2019年9月

2019年10月

2019年11月

2019年12月


2019年

8月18日(日)  東京


・名称:リコーダー集団極楽錠前 第11回不定期演奏会 新たなる旅立ち

・日時:2019年8月18日(日)   13時30分開場   14時00分開演

・場所:東京都大田区 大田区民ホールアプリコ 小ホール
(JR・東急蒲田駅徒歩3分、京急蒲田駅徒歩6分)

・入場料:無料(お気軽にご来場ください)

・問い合わせ先:モリヤ
カスガ
09093067849
info(a)gokuraku-jomae(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

今回の極楽錠前演奏会はバレエ、ダンス、口笛など多数のゲストを迎え、今までとは違ったステージをお贈りします。
第1部では「リコーダーの魅力をあなたに」としてルネサンス、バロックからクラシック、タンゴ、ポップス、ジャズに至るまで様々な曲を演奏します。
第2部は極楽Show劇場「新たなる旅立ち」リコーダーの響きとともに私たちの新たなる旅立ちのストーリーをお届けします。ブラック企業に勤める青年がたどり着いた「新たなる旅立ち」とは…。
リコーダー演奏、歌と踊りとともに、是非お楽しみください。

曲目:

<第1部>
セレブレーション (ジーク)
大野雄二の世界(大納言編曲)
フルートとリコーダーのための協奏曲より(テレマン)

<第2部>
Oblivion (ピアソラ)
エスパナ・カーニ(パスカル)
交響曲第9番4楽章より
(ベートーベン) ほか



http://www.gokuraku-jomae.com/index.html


8月21日(水)  東京


・名称:リコーダー演奏に役立つ楽典講座 第2回:調性と和音

・日時:2019年8月21日(水)   14時00分開演  (16時00分終演)

・場所:中野区 野方駅付近

・入場料:3000円

・問い合わせ先:水内謙一 lenis(a)fd6(dot)so-net(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

リコーダー演奏に役立つ楽典講座 第2回:調性と和音

第1回は音名と音程、音階を扱い、実際にバロックのリコーダーソナタを分析しましたが、第2回は調性や和音・和声を取り上げます。
調性の判別や曲の中で転調を発見するコツ、調性の持つキャラクター等を、
いろいろなリコーダー・ソナタの実例から学ぶ…という内容です。
ご興味のある方は、第2回からのご参加も可能ですので、下記メールアドレスへ直接ご連絡ください。

★日程と会場
(受講者が多いため4回に分けました。4回とも同じ内容です。)
8/12(月・祝)14〜16時(会場:三鷹)
8/21(水)13〜15時(会場:野方)
9/1(日)10〜12時(会場:野方)
9/5(木)14〜16時(会場:野方)

講師:水内謙一(リコーダー奏者)
参加費:3,000円(学生は1,500円)
お申込み・お問い合わせ:lenis@fd6.so-net.ne.jp(水内謙一)

講座全体の概要は以下の予定です。全5回くらい?になりそうです。

<リコーダー演奏に役立つ楽典講座>
◆導入
バロックの曲を読み解くのに必要なことは?
音楽の三要素(メロディー、リズム、ハーモニー)
◆音名と音程
音名
音程にはどんな種類があるか?(長音程・短音程・完全音程etc.)
音程がわかると演奏にどう生かせるか
◆音階と調性
長音階と短音階
長調と短調(違いは何?それがわかるとどんな意味があるの?)
リコーダー曲によく出てくる調性を知ろう
それぞれの調性のキャラクターを知ろう
転調にはどんな意味がある?
曲の中で転調をどうやって発見するか
◆和音と和声
和音にはどんな種類がある?それぞれどんな響きがする?
和声の基礎(和声がわかると曲やフレーズの流れがわかる!)
通奏低音の数字の読み方
◆実践編
リコーダーソナタの名曲を楽曲分析
装飾のつけ方


8月24日(土)  東京


・名称:東京リコーダー音楽祭 2019

・日時:2019年8月24日(土)   15時30分開演

・場所:上野 東京文化会館小ホール
(JR上野駅 公園口改札から徒歩1分 https://www.t-bunka.jp/access/)

・入場料:5000円(1回券5,000円 1日通し券(2公演)10,000円 2日通し券(4公演)24,000円)

・問い合わせ先: info2019@tokyo-recorder.com

・備考(出演者、プログラムなど):

2009年、日本を代表するリコーダーの名手たちが結集して、音楽ファンを熱狂させた伝説の「東京リコーダー音楽祭」が10年の時を経てこの夏帰ってきます!
2019年8月24日、25日の2日間・4公演に亘り、多彩なリコーダー音楽を、約40名のプロリコーダー奏者及び約20名のその他の楽器奏者・声楽家が結集してお届けします。各公演全て違う個性あるプログラムです。
リコーダーのすべてを満喫できる2日間、どうぞお楽しみ下さい。
ディレクター:本村睦幸  司会:朝岡聡

※2日通し券及び8月24日(土)の1日通し券は完売しました。8月25日(日)の1日通し券は残券僅少です。

8月24日(土)
昼公演 <独奏曲> 15:30開演(14:45開場)
出演者(楽器別・出演順)
リコーダー: 本村睦幸、吉澤実、村田佳生、中村栄宏、吉嶺史晴、田中せい子、ダニエレ・ブラジェッティ、江崎浩司
ヴィオラ・ダ・ガンバ: 平尾雅子
チェンバロ: 上尾直毅、中村恵美
ピアノ: 安嶋健太郎

8月24日(土)
夜公演 <リコーダーアンサンブル> 19:00開演(18:15開場)※残券僅少、当日券若干枚数を予定
出演者(出演順)
東京リコーダーアンサンブル(安井敬、金子健治、庄司祐子、川名由比、榊仁美)
まるかる(太田光子、浅井愛、村田佳生、辺保陽一)
スーパーリコーダーカルテット(北山隆、松浦孝成、村田佳生、渡辺清美)
アントネッロ・リコーダー・コンソート(濱田芳通、古橋潤一、細岡ゆき、中島恵美)
La Strada(吉澤実、野崎剛右)
リコーダーアンサンブル “ラ・ルベルティーナ”(ダニエレ・ブラジェッティ、田中せい子、大塚照道、桐畑奈央、高橋明日香、中村友美、福岡恵、宮里あや)

8月25日(日)
昼公演 <様々なアンサンブル> 14:30開演(13:45開場)
出演者(楽器別・出演順)
リコーダー: 本村睦幸、守谷敦、鈴木俊哉、山岡重治、太田光子、菅沼起一、宇治川朝政
木琴: 通崎睦美
クラヴィシンバルン: 矢野薫
笙: 宮田まゆみ
ヴィオラ・ダ・ガンバ: 平尾雅子
チェンバロ: 繻`亜樹子、福間彩
メゾソプラノ: 山下裕賀
リュート: 瀧井レオナルド
オーボエ: 三宮正満
チェロ: 懸田貴嗣

8月25日(日)
夜公演 <リコーダー協奏曲> 18:00開演(17:15開場)
出演者(楽器別・出演順)
リコーダー: 本村睦幸、ホ・ヨンジン、太田光子、山岡重治、ダニエレ・ブラジェッティ、田中せい子、深井愛記音、伊藤麻子、斉藤文誉
ヴァイオリン: 池田梨枝子、廣海史帆
ヴィオラ: 秋葉美佳
チェロ: 山本徹
ヴィオローネ: 角谷朋紀
チェンバロ: 鈴木愛美

チケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 https://t.pia.jp/ Pコード149-504
e+ イープラス https://eplus.jp/
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 https://www.t-bunka.jp/tickets/
Peatix https://tokyo-recorder-festival2019.peatix.com/

プログラムその他詳細は、下記公式ウェブサイトをご覧ください
https://tokyo-recorder.com/


8月25日(日)  東京


・名称:東京リコーダー音楽祭 2019

・日時:2019年8月25日(日)   14時30分開演

・場所:上野 東京文化会館小ホール
(JR上野駅 公園口改札から徒歩1分 https://www.t-bunka.jp/access/)

・入場料:5000円(1回券5,000円 1日通し券(2公演)10,000円 2日通し券(4公演)24,000円)

・問い合わせ先: info2019@tokyo-recorder.com

・備考(出演者、プログラムなど):

2009年、日本を代表するリコーダーの名手たちが結集して、音楽ファンを熱狂させた伝説の「東京リコーダー音楽祭」が10年の時を経てこの夏帰ってきます!
2019年8月24日、25日の2日間・4公演に亘り、多彩なリコーダー音楽を、約40名のプロリコーダー奏者及び約20名のその他の楽器奏者・声楽家が結集してお届けします。各公演全て違う個性あるプログラムです。
リコーダーのすべてを満喫できる2日間、どうぞお楽しみ下さい。
ディレクター:本村睦幸  司会:朝岡聡

※2日通し券及び8月24日(土)の1日通し券は完売しました。8月25日(日)の1日通し券は残券僅少です。

8月24日(土)
昼公演 <独奏曲> 15:30開演(14:45開場)
出演者(楽器別・出演順)
リコーダー: 本村睦幸、吉澤実、村田佳生、中村栄宏、吉嶺史晴、田中せい子、ダニエレ・ブラジェッティ、江崎浩司
ヴィオラ・ダ・ガンバ: 平尾雅子
チェンバロ: 上尾直毅、中村恵美
ピアノ: 安嶋健太郎

8月24日(土)
夜公演 <リコーダーアンサンブル> 19:00開演(18:15開場)※残券僅少、当日券若干枚数を予定
出演者(出演順)
東京リコーダーアンサンブル(安井敬、金子健治、庄司祐子、川名由比、榊仁美)
まるかる(太田光子、浅井愛、村田佳生、辺保陽一)
スーパーリコーダーカルテット(北山隆、松浦孝成、村田佳生、渡辺清美)
アントネッロ・リコーダー・コンソート(濱田芳通、古橋潤一、細岡ゆき、中島恵美)
La Strada(吉澤実、野崎剛右)
リコーダーアンサンブル “ラ・ルベルティーナ”(ダニエレ・ブラジェッティ、田中せい子、大塚照道、桐畑奈央、高橋明日香、中村友美、福岡恵、宮里あや)

8月25日(日)
昼公演 <様々なアンサンブル> 14:30開演(13:45開場)
出演者(楽器別・出演順)
リコーダー: 本村睦幸、守谷敦、鈴木俊哉、山岡重治、太田光子、菅沼起一、宇治川朝政
木琴: 通崎睦美
クラヴィシンバルン: 矢野薫
笙: 宮田まゆみ
ヴィオラ・ダ・ガンバ: 平尾雅子
チェンバロ: 繻`亜樹子、福間彩
メゾソプラノ: 山下裕賀
リュート: 瀧井レオナルド
オーボエ: 三宮正満
チェロ: 懸田貴嗣

8月25日(日)
夜公演 <リコーダー協奏曲> 18:00開演(17:15開場)
出演者(楽器別・出演順)
リコーダー: 本村睦幸、ホ・ヨンジン、太田光子、山岡重治、ダニエレ・ブラジェッティ、田中せい子、深井愛記音、伊藤麻子、斉藤文誉
ヴァイオリン: 池田梨枝子、廣海史帆
ヴィオラ: 秋葉美佳
チェロ: 山本徹
ヴィオローネ: 角谷朋紀
チェンバロ: 鈴木愛美

チケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 https://t.pia.jp/ Pコード149-504
e+ イープラス https://eplus.jp/
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 https://www.t-bunka.jp/tickets/
Peatix https://tokyo-recorder-festival2019.peatix.com/

プログラムその他詳細は、下記公式ウェブサイトをご覧ください
https://tokyo-recorder.com/


8月31日(土)  東京


8/31 (土) 13h-18h 千駄ヶ谷にて、リコーダーとチェンバロの気軽なセミナーを開催予定です。
 
バロック音楽演奏法ガイド、通奏低音入門、チェンバロとのアンサンブル、などなど盛りだくさんになりそうです。
リコーダーもチェンバロも受講生のレベルは問いません。
 
ご興味のある方は下記Emailにてお問い合わせください。

arcangelo4989@yahoo.co.jp (野崎)
 

リコーダー講師:野崎剛右
東京藝術大学、デン・ハーグ王立音楽院修士、パリ国立地方音楽院卒。

チェンバロ講師:上羽剛史
桐朋学園大学、アムステルダム音楽院、ミラノ市立音楽院卒。
https://paonozaki.exblog.jp/239357681/


9月1日(日)  東京


・名称:リコーダー演奏に役立つ楽典講座 第2回:調性と和音

・日時:2019年9月1日(日)   10時00分開演  (12時00分終演)

・場所:中野区 野方駅付近

・入場料:3000円

・問い合わせ先:水内謙一 lenis(a)fd6(dot)so-net(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

リコーダー演奏に役立つ楽典講座 第2回:調性と和音

第1回は音名と音程、音階を扱い、実際にバロックのリコーダーソナタを分析しましたが、第2回は調性や和音・和声を取り上げます。
調性の判別や曲の中で転調を発見するコツ、調性の持つキャラクター等を、
いろいろなリコーダー・ソナタの実例から学ぶ…という内容です。
ご興味のある方は、第2回からのご参加も可能ですので、下記メールアドレスへ直接ご連絡ください。

★日程と会場
(受講者が多いため4回に分けました。4回とも同じ内容です。)
8/12(月・祝)14〜16時(会場:三鷹)
8/21(水)13〜15時(会場:野方)
9/1(日)10〜12時(会場:野方)
9/5(木)14〜16時(会場:野方)

講師:水内謙一(リコーダー奏者)
参加費:3,000円(学生は1,500円)
お申込み・お問い合わせ:lenis@fd6.so-net.ne.jp(水内謙一)

講座全体の概要は以下の予定です。全5回くらい?になりそうです。

<リコーダー演奏に役立つ楽典講座>
◆導入
バロックの曲を読み解くのに必要なことは?
音楽の三要素(メロディー、リズム、ハーモニー)
◆音名と音程
音名
音程にはどんな種類があるか?(長音程・短音程・完全音程etc.)
音程がわかると演奏にどう生かせるか
◆音階と調性
長音階と短音階
長調と短調(違いは何?それがわかるとどんな意味があるの?)
リコーダー曲によく出てくる調性を知ろう
それぞれの調性のキャラクターを知ろう
転調にはどんな意味がある?
曲の中で転調をどうやって発見するか
◆和音と和声
和音にはどんな種類がある?それぞれどんな響きがする?
和声の基礎(和声がわかると曲やフレーズの流れがわかる!)
通奏低音の数字の読み方
◆実践編
リコーダーソナタの名曲を楽曲分析
装飾のつけ方


9月5日(木)  東京


・名称:リコーダー演奏に役立つ楽典講座 第2回:調性と和音

・日時:2019年9月5日(木)   14時00分開演  (16時00分終演)

・場所:中野区 野方駅付近

・入場料:3000円

・問い合わせ先:水内謙一 lenis(a)fd6(dot)so-net(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

リコーダー演奏に役立つ楽典講座 第2回:調性と和音

第1回は音名と音程、音階を扱い、実際にバロックのリコーダーソナタを分析しましたが、第2回は調性や和音・和声を取り上げます。
調性の判別や曲の中で転調を発見するコツ、調性の持つキャラクター等を、
いろいろなリコーダー・ソナタの実例から学ぶ…という内容です。
ご興味のある方は、第2回からのご参加も可能ですので、下記メールアドレスへ直接ご連絡ください。

★日程と会場
(受講者が多いため4回に分けました。4回とも同じ内容です。)
8/12(月・祝)14〜16時(会場:三鷹)
8/21(水)13〜15時(会場:野方)
9/1(日)10〜12時(会場:野方)
9/5(木)14〜16時(会場:野方)

講師:水内謙一(リコーダー奏者)
参加費:3,000円(学生は1,500円)
お申込み・お問い合わせ:lenis@fd6.so-net.ne.jp(水内謙一)

講座全体の概要は以下の予定です。全5回くらい?になりそうです。

<リコーダー演奏に役立つ楽典講座>
◆導入
バロックの曲を読み解くのに必要なことは?
音楽の三要素(メロディー、リズム、ハーモニー)
◆音名と音程
音名
音程にはどんな種類があるか?(長音程・短音程・完全音程etc.)
音程がわかると演奏にどう生かせるか
◆音階と調性
長音階と短音階
長調と短調(違いは何?それがわかるとどんな意味があるの?)
リコーダー曲によく出てくる調性を知ろう
それぞれの調性のキャラクターを知ろう
転調にはどんな意味がある?
曲の中で転調をどうやって発見するか
◆和音と和声
和音にはどんな種類がある?それぞれどんな響きがする?
和声の基礎(和声がわかると曲やフレーズの流れがわかる!)
通奏低音の数字の読み方
◆実践編
リコーダーソナタの名曲を楽曲分析
装飾のつけ方


9月7日(土)  神奈川


・名称:イングランドの音楽をイングリッシュスピネットと大小さまざまなリコーダー、バロックギター、語りで楽しむ1時間。

・日時:2019年9月7日(土)   16時00分開演
  16時開演の午後の部と19時半開演の夜の部がございます。ご予約の際はご希望の会をお知らせください。

・場所:相模原市 おださがプラザ 多目的ホール
(小田急相模原駅北口直結4F)

・入場料:1900円(小学生から入場できます)

・問い合わせ先:阿部
大喜多
09055188865
peppermuse(dot)2001(a)gmail(dot)com
(ギタルラ古典楽器センターでもチケットの取り扱いがこざいます)

・備考(出演者、プログラムなど):

加久間朋子(イングリッシュスピネット)、阿部等(リコーダー、打楽器)、大喜多陽子(リコーダー、バロックギター)、山上洋路(語りほか)の4人でお届けするコンサート第二弾。16,17世紀イングランド200年を駆け抜ける1時間、楽しい時間をお届けします。昨年東京の国立市でのコンサートで大好評をいただき、今年の夏は相模原市の駅から直結の会場で開催いたします。ダウランド、パーセル、オズワルド、などのリコーダーに合う名曲を選びました。シェイクスピア朗読音楽劇も必見。


9月7日(土)  神奈川


・名称:イングランドの音楽をイングリッシュスピネットと大小さまざまなリコーダー、バロックギター、語りで楽しむ1時間。

・日時:2019年9月7日(土)   19時30分開演
  16時開演の午後の部と19時半開演の夜の部がございます。ご予約の際はご希望の会をお知らせください。

・場所:相模原市 おださがプラザ 多目的ホール
(小田急相模原駅北口直結4F)

・入場料:1900円(小学生から入場できます)

・問い合わせ先:阿部
大喜多
09055188865
peppermuse(dot)2001(a)gmail(dot)com
(ギタルラ古典楽器センターでもチケットの取り扱いがこざいます)

・備考(出演者、プログラムなど):

加久間朋子(イングリッシュスピネット)、阿部等(リコーダー、打楽器)、大喜多陽子(リコーダー、バロックギター)、山上洋路(語りほか)の4人でお届けするコンサート第二弾。16,17世紀イングランド200年を駆け抜ける1時間、楽しい時間をお届けします。昨年東京の国立市でのコンサートで大好評をいただき、今年の夏は相模原市の駅から直結の会場で開催いたします。ダウランド、パーセル、オズワルド、などのリコーダーに合う名曲を選びました。シェイクスピア朗読音楽劇も必見。


9月8日(日)  愛知


野崎剛右&上羽剛史

ちょっと、訛ってません?
異邦人のフランス音楽


お洒落な街・パリに憧れる気持ちは今も昔も同じ。
バロック時代、最先端のフランス音楽をお手本に学んだ音楽家たちがいました。
イギリス・ドイツ・イタリア、外国の作曲家たちの試行錯誤を、18 世紀のパリジャン/ パリジェンヌになったつもりでお楽しみください。


プログラム
テレマン、パーセル、カルロ・モンツァ、ゲオルグ・ベームの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


リコーダー/フラジオレット 野崎剛右
チェンバロ 上羽剛史



名古屋公演

9月8日(日)
昼公演 13:30開場・14:00開演、
夜公演 18:00開場・18:30開演
会場:アート空間SCALA
(愛知県名古屋市中区大須3−40−32 ループビル3F, Tel: 052-261-6497 Mail: art.kukan.scala@gmail.com)

入場料:前売2500円、当日3000円
ご予約・お問い合わせ:agehatch@gmail.com (上羽)

_______________________________


野崎 剛右  リコーダー/ フレンチ・フラジォレット

東京都出身。東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで修了。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランスで学ぶ。現在パリおよびヴェルサイユ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、ライネマリー・フェアハーヘン、セバス ティアン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。吉澤実氏のアンサンブル「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「Block6」(オランダ)、「L’oyseau -Mouche」(フランス)、「アンテロープ・リコーダー・コンソート」(日本)、メンバー。


上羽剛史 ハープシコード

名古屋市出身。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はミラノ市立音楽院に在籍。勉学のかたわら、奨学生として音楽院の公式伴奏員をつとめる。 これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。 最近ではLa Divina Armoniaのツアーに通奏低音奏者として参加したほか、ミラノの音楽祭「Arte Musica Milano」においてJ.S.バッハ「インヴェンションとシンフォニア」のソロリサイタルを行い、好評を博している。また、古典鍵盤楽器での4手連弾にも力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。 第1回ミラノ国際チェンバロコンクール入選。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。 今夏に完全帰国し、日本での演奏活動を本格的に再開する。




https://paonozaki.exblog.jp/239202602/


9月14日(土)  大阪


野崎剛右&上羽剛史

ちょっと、訛ってません?
異邦人のフランス音楽


お洒落な街・パリに憧れる気持ちは今も昔も同じ。
バロック時代、最先端のフランス音楽をお手本に学んだ音楽家たちがいました。
イギリス・ドイツ・イタリア、外国の作曲家たちの試行錯誤を、18 世紀のパリジャン/ パリジェンヌになったつもりでお楽しみください。


プログラム
テレマン、パーセル、カルロ・モンツァ、ゲオルグ・ベームの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


リコーダー/フラジオレット 野崎剛右
チェンバロ 上羽剛史


大阪公演

9月14日(土)
16:30開場・17:00時開演
会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
   (大阪府豊中市服部本町2-5-24, Tell: 06-6862-8855)
   ※駐車は近隣のパーキングへお願いいたします。自転車は駐輪場ございます。

入場料:55席限定 3,500円
ご予約・お問い合わせ:PAO 音楽事務局 arcangelo4989@yahoo.co.jp
 メールにてお名前、ご連絡先、ご来場人数をお知らせください。

--------------------------------------------------

野崎 剛右  リコーダー/ フレンチ・フラジォレット

東京都出身。東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで修了。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランスで学ぶ。現在パリおよびヴェルサイユ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、ライネマリー・フェアハーヘン、セバス ティアン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。吉澤実氏のアンサンブル「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「Block6」(オランダ)、「L’oyseau -Mouche」(フランス)、「アンテロープ・リコーダー・コンソート」(日本)、メンバー。


上羽剛史 ハープシコード

名古屋市出身。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はミラノ市立音楽院に在籍。勉学のかたわら、奨学生として音楽院の公式伴奏員をつとめる。 これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。 最近ではLa Divina Armoniaのツアーに通奏低音奏者として参加したほか、ミラノの音楽祭「Arte Musica Milano」においてJ.S.バッハ「インヴェンションとシンフォニア」のソロリサイタルを行い、好評を博している。また、古典鍵盤楽器での4手連弾にも力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。 第1回ミラノ国際チェンバロコンクール入選。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。 今夏に完全帰国し、日本での演奏活動を本格的に再開する。


https://paonozaki.exblog.jp/239118463/


9月17日(火)  東京


・名称:カフェで愉しむ古楽

・日時:2019年9月17日(火)   13時00分開場   13時30分開演
  (完全予約制,入替2回公演) 各回限定15席、(1) 13:30〜15:00 (開場13:00)途中休憩あり 、(2) 16:00〜17:30 (開場15:30))途中休憩あり

・場所:調布市 ブックカフェ『 Den(デン)』 東京都調布市上石原2-22-3、TEL042-488-4351
(京王線、西調布駅南口より徒歩5分)

・入場料:1500円(学生以下 ¥1000。コーヒー、または紅茶つき(セルフサービス)。)

・問い合わせ先:古山 k_furuyama(a)jcom(dot)home(dot)ne(dot)jp
(主催:古楽クラブ)

・備考(出演者、プログラムなど):

出演: 古山 和男   
リコーダー、曲目解説 (西洋文学との関連など)
    
出演: 新妻 由加   
チェンバロ(ヴァージナル) 

曲目:

『シェイクスピアの劇音楽』
『グランドによるグリンスリーヴズ』イギリス曲
『オンブラ・マイ・フ(ラルゴ)』
『ソナタ イ短調』G.F.ヘンデル
『心を奪うセイレンの歌声』
『天使のナイチンゲール』J.ヴァン・エイク
『組曲 ホ短調』J.B.ボアモルティエ、
『サラバンド』J.J.クヴァンツ
『アヴェ・マリア』J.S.バッハ / C.グノー
『リコーダー・ソナタ ハ長調』A.コレルリ 他
   
(変更される場合があります)
https://hummingbirdreco.amebaownd.com/


9月19日(木)  東京


2019日本公演

野崎剛右&上羽剛史

ちょっと、訛ってません?

異邦人のフランス音楽


お洒落な街・パリに憧れる気持ちは今も昔も同じ。
バロック時代、最先端のフランス音楽をお手本に学んだ音楽家たちがいました。
イギリス・ドイツ・イタリア、外国の作曲家たちの試行錯誤を、18 世紀のパリジャン/ パリジェンヌになったつもりでお楽しみください。


プログラム
テレマン、パーセル、カルロ・モンツァ、ゲオルグ・ベームの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


野崎剛右 リコーダー/フレンチ・フラジォレット 
上羽剛史 ハープシコード 



東京公演
09月19日(木)
18:30開場・19:00 開演
会場:Sonorium
東京都杉並区和泉3-53-16 Tel. 03-6768-3000

入場料 3,500円 (当日4,000円)
ご予約:PAO 音楽事務局 arcangelo4989@yahoo.co.jp
    お名前、ご連絡先、ご来場人数をメールにてお知らせください。
_______________________________


野崎 剛右  リコーダー/ フレンチ・フラジォレット

東京都出身。東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで修了。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランスで学ぶ。現在パリおよびヴェルサイユ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、ライネマリー・フェアハーヘン、セバス ティアン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。吉澤実氏のアンサンブル「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「Block6」(オランダ)、「L’oyseau -Mouche」(フランス)、「アンテロープ・リコーダー・コンソート」(日本)、メンバー。


上羽剛史 ハープシコード

名古屋市出身。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はミラノ市立音楽院に在籍。勉学のかたわら、奨学生として音楽院の公式伴奏員をつとめる。 これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。 最近ではLa Divina Armoniaのツアーに通奏低音奏者として参加したほか、ミラノの音楽祭「Arte Musica Milano」においてJ.S.バッハ「インヴェンションとシンフォニア」のソロリサイタルを行い、好評を博している。また、古典鍵盤楽器での4手連弾にも力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。 第1回ミラノ国際チェンバロコンクール入選。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。 今夏に完全帰国し、日本での演奏活動を本格的に再開する。
Écrivez un message...






https://paonozaki.exblog.jp/239202602/


10月5日(土)  東京 開演時間変更 


・名称:第18回夢ある街の音楽会 in TOKYO

・日時:2019年10月5日(土)   13時15分開場   13時30分開演  (16時30分終演)

・場所:東京都新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F 東京オペラシティ3F 近江楽堂

・入場料:無料(入場無料ですが、整理券が必要です。)

・問い合わせ先:長野リコーダー倶楽部 事務局 nrczzz01(a)gmail(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

第18回夢ある街の音楽会 in TOKYO
日時:2019年10月5日(土) 13:30開演
場所:東京オペラシティ3F 近江楽堂
住所:東京都新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F
主催:長野リコーダー倶楽部
出演:
 積志リコーダーカルテット
 森吉京子レッスン生2団体
 G☆クレフ
 長野リコーダー倶楽部 他

入場無料ですが、整理券が必要です。
整理券については、以下を参照下さい。


★★★ 整理券の配布はすべて完了しました。 ★★★


詳細は長野リコーダー倶楽部のHP、http://nagano-recorderclub.com/ の「リコーダー演奏会 イベント情報等」にて記載してあります。
直リンク:http://nagano-recorderclub.com/bbs2/joyful/joyful.cgi?

詳細が決定次第、長野リコーダー倶楽部のHPに記載します。
http://nagano-recorderclub.com/bbs2/joyful/joyful.cgi?


10月5日(土)  東京


・名称:初期バロック・イタリア音楽の作品を楽しむコンサート。当時の教会の立体的音響の再現を試みるなど、必聴のプログラムです!

・日時:2019年10月5日(土)   13時30分開場   14時00分開演

・場所:東京都 小金井市 小金井 宮地楽器ホール 大ホール

・入場料:3000円(U-25 2000円 ※25歳以下対象)

・問い合わせ先:小金井 宮地楽器ホール チケットデスク042-380-8099

・備考(出演者、プログラムなど):

【出演】
ハルモニア・レニス:
水内謙一(リコーダー)
村上暁美(チェンバロ)

レ・タンブル:
川久保洋子(バロック・ヴァイオリン)
ミリアム・リニョル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
ジュリアン・ヴォルフス(チェンバロ)

【プログラム】
ファルコニエーリ:ラ・スアーヴェ・メロディア
チーマ:3声のソナタ
リッチョ:エコーによるカンツォン ほか


※公演内容は変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください
※未就学児のお子様のご入場はご遠慮ください

主催:小金井市民交流センター指定管理者 こがねいしてぃ共同事業体


10月8日(火)  東京


・名称:テレマン ベスト・オブ・トリオソナタ

・日時:2019年10月8日(火)   13時30分開場   14時00分開演
  昼公演14:00開演(13:30開場) /夜公演19:00開演(18:30開場)

・場所:新宿 近江楽堂

・入場料:4000円(学生2000円)

・問い合わせ先:ハルモニア・レニス
ハルモニア・レニス
050-3523-0099
lenis(a)fd6(dot)so-net(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

ヨーロッパで活躍するアンサンブル「レ・タンブル」2年ぶりの来日公演!

テレマンは珍しい編成のためにも名曲を残した作曲家ですが、今回は多彩な編成でテレマンのトリオソナタを特集いたします。
トリオの上2声部というとヴァイオリン2台がメジャーだった当時に、リコーダーとヴァイオリンというだけでも珍しいのに、
さらにリコーダーとガンバ、ガンバとオブリガート・チェンバロ、リコーダーとオブリガート・チェンバロ…と、
多彩な編成のトリオをテレマンは残しました。
今回はそのような珍しい組み合わせの名曲を集めたコンサートです。
ソロ・パートとしてのチェンバロとコンティヌオとしてのチェンバロ、2台のチェンバロを違った役割で使うことも、今回の演奏会の聴きどころです。


テレマン ベスト・オブ・トリオソナタ
2019年10月8日(火) 近江楽堂
昼公演14:00開演(13:30開場)
夜公演19:00開演(18:30開場)
一般4,000円/学生2,000円

●演奏者
レ・タンブル&ハルモニア・レニス
水内謙一(リコーダー)
川久保洋子(ヴァイオリン)
ミリアム・リニョル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
ジュリアン・ヴォルフス(チェンバロ&オルガン)
村上暁美(チェンバロ&オルガン)

●プログラム
オール・テレマン・プログラム
リコーダーとヴァイオリン、通奏低音のためのソナタ
リコーダーとヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音のためのソナタ ヘ長調
リコーダーとチェンバロ、通奏低音のためのソナタ 変ロ長調
ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロ、通奏低音のためのソナタ ト長調
ヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音のためのソナタ ほか

●チケットご予約
ハルモニア・レニス lenis@fd6.so-net.ne.jp
TEL 050-3523-0099
※お名前と枚数、ご連絡先をお知らせください。チケットは当日に受付にてご精算&お渡しとなります。


http://barockmusik.sakura.ne.jp/concert.html


11月4日(月)  大阪


・名称:なかなか聞けない基礎テクニック
腹式呼吸、運指法と支え指、タンギングの基本的な考え方と特訓法




・日時:2019年11月4日(月)   16時15分開演  (18時15分終演)

・場所:大阪市東淀川区東中島 大阪市立青少年センター ココプラザ505号室
(JR・地下鉄新大阪駅より徒歩5分)

・入場料:2500円(受講料は、当日受付でお支払いください)

・問い合わせ先:リコーダーRAJA recorder_seminar(a)yahoo(dot)co(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

放課後の音楽室シリーズ\ なかなか聞けないリコーダーの基礎テクニック
講師はリコーダー奏者の辺保陽一氏

日 時 2019年11月4日【月・祝】16:15〜18:15
参加費 2500円
場 所 大阪市青少年センターKOKOPLAZA505講義室
主 催 リコーダーRAJA


リコーダーは簡単に音が出てしまう分、意外なほど管楽器の基本的なテクニックを学ぶ機会がありません。持ち方などの簡単な事が教えられていない為に、運指が上手くいかないなどの例も数多く見受けられます。

今回はヨーロッパの著名な演奏家に学んだ経験豊富な講師が、日本人的な感覚に上手く合わせて基本的な技術に対する考え方やそのメカニズムなどを誰でも学べるように丁寧に説明します。

当日はアルトリコーダーを必ずご持参下さい。

詳細、申込方法は、ブログ「リコーダーRAJA」をご覧ください。
リコーダーRAJAで検索!

http://recorder-raja.blog.jp/archives/19761765.html


12月4日(水)  東京


・名称:ミカラ・ペトリ リコーダー・リサイタル ギター:ラース・ハンニバル バロックハープ:西山まりえ

・日時:2019年12月4日(水)   18時30分開場   19時00分開演  (21時00分終演)

・場所:東京都港区赤坂 サントリーホールブルーローズ
(東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」あるいは東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」)

・入場料:6000円(学生3,000円)

・問い合わせ先:ムジカキアラ
ムジカキアラ
03-6431-8186
info(a)musicachiara(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

デンマークが生んだリコーダーの女王ミカラ・ペトリが長年のパートナーであるギタリスト、ラース・ハンニバルと古楽界が生んだ異才、バロック・ハープの西山まりえと共に極上の音楽を紡ぐ一夜。バロックの名曲から北欧の近現代音楽まで幅広いレパートリーを披露します。どこまでも透き通った、清々しく心に染み入る音色をお愉しみください。

J.S.バッハ:ソナタBWV.1033/ヘンデル:ソナタ HWV377/作者不詳:グラウンドにyるグリーンスリーヴス/コレッリ:ラ・フォリアOp.5-12/ハンニバル:夢、サンセット・ダンス/J.S.バッハ:G線上のアリア/グルック:精霊の踊り/グリーク:25のノルウェーの民謡と踊りOp.17よりNo.1&3スプリング・ダンス、No.22 沼地を超えて/グリーク:抒情小品集第1巻Op.12-4妖精の踊り/グリーク:19のノルウェー民謡Op.66よりNo.15子守歌、No.18 つまづき踊り

http://musicachiara.com


12月14日(土)  茨城


・名称:エートス オカリコ笛スタ2019 オカリナとリコーダーの祭典(出演者募集)

・日時:2019年12月14日(土)   13時00分開場   14時00分開演  (17時00分終演)

・場所:茨城県鹿嶋市 鹿嶋勤労文化会館大ホール
(茨城県鹿嶋市宮中325-1 (東京駅より高速バス鹿島神宮駅行きで鹿嶋市役所下車、またはJR鹿島神宮駅よりタクシー10分))

・入場料:1500円(前売券1000円)

・問い合わせ先:エートス事務局
エートス事務局
080-4420-8104
piano(a)ethos2011(dot)sakura(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

★出演者募集!(締め切り:9月30日)
プロによる演奏、アマチュアの発表、司会者つきの楽しい演奏会です。オカリナ、リコーダーのソロ・アンサンブルならどなたでも出演できます。
ホワイエではコーヒー、ハンドメイド雑貨などのショップを出店します(出店したい方お問い合わせ下さい)。
出演者全員による合同演奏も行います。

◇主催:かしまコンツェルト協会エートス
◇持ち時間:ソロ5分以内 アンサンブル7分以内
◇参加費:一人当たり2000〜5000円(詳細はホームページをご覧下さい)
◇曲のジャンルは問いません。伴奏用CDを使用できます。伴奏用キーボード用意できます。
◇応募方法:エートスのホームページからご応募下さい。

ゲスト:辺保陽一(リコーダー) 小路陽光(オカリナ) 司会:池田奈央(元NHK大阪うたのおねえさん)

http://ethos2011.sakura.ne.jp


メールアドレスについて

記載されているメールアドレスには、一部メールアドレスに必ず含まれる文字がないものがあります。
その場合には適切に修正してお使いください。


登録のご案内

演奏会、イベントを催される方、情報をお寄せください。

ここに掲載したい情報がありましたら新規登録のページへ。
(掲載情報の修正、コピーは修正などのページ

一般の方の入場が可能なら、小さな発表会でも結構です。


 リコーダーの広場に戻る


リコ広管理人<ay4s-akym@asahi-net.or.jp>

All rights reserved, Copyright(c)1996-2017 リコ広

Ver 1.40

- CosmoNavi -
edit reco_a