logo

演奏会・イベント情報

リンクはリコーダーの広場にお願いします。 新規登録 修正など

リコーダーの演奏会、セミナー、リコーダー関係のイベントを皆さんからの情報をもとに掲載しています。

2018年6月24日(日)更新

御利用上のお願い:
 
 
日時、内容等が変更になることがあります。
必ず問い合わせ先に確認してから、
お出かけになるようお願い致します。


全データをこのウィンドウ内に表示 終了後1週間表示(全24件):0-25-50

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年12月


2018年

6月17日(日)  大阪


・名称:雅な古楽器の調べ
バロックコンサートin柏原

・日時:2018年6月17日(日)   13時30分開場   14時00分開演

・場所:大阪府柏原市 リビエールホール レセプションホール
(JR大和路線 柏原駅 徒歩12分 近鉄大阪線 安堂駅 徒歩3分)

・入場料:1500円(前売り 1,200円)

・問い合わせ先: petitsfours01(a)gmail(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

古楽アンサンブル プチ・フール
リコーダー 財前奈緒子
バロックフルート 植田雅彦
ヴィオラ・ダ・ガンバ 太田賀之
チェンバロ 山下佐智子

《プログラム》
G.H.ヘンデル:トリオソナタ ヘ長調
A.コレッリ:ソナタ ヘ長調
G.Ph.テレマン:トリオソナタ ロ短調(音楽の練習帳 より)
J.J.クヴァンツ:トリオソナタ ホ短調





6月23日(土)  神奈川


・名称:リコーダーコンソート青葉 第12回定期演奏会
メロディの花束 〜 旅する音楽 〜

・日時:2018年6月23日(土)   13時00分開場   13時30分開演

・場所:横浜市 横浜みなとみらい小ホール
(みなとみらい線 みなとみらい駅 下車徒歩3分)

・入場料:無料

・問い合わせ先:リコーダーコンソート青葉 recaoba(a)gmail(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

【プログラム】
A. ローゼンヘック:  世界の5つの都市
S. ジーク:  アフリカ組曲第5番 はじまり・あこがれ
C. A. ドビュッシー:  ゴリウォーグのケークウォーク
J. B. リュリ:  「アルミード」よりパッサカイユ
S. V. ラフマニノフ:  ヴォーカリーズ        他

【音楽監督・指揮】  渡辺 清美

https://plus.google.com/+recorderconsortaoba


6月27日(水)  東京


・名称:リコーダーを“識る”講座『90分で分かるリコーダーの全て』
講師:中川つよし(宮地楽器リコーダー科講師)

・日時:2018年6月27日(水)   13時45分開場   14時00分開演  (15時30分終演)

・場所:小金井市本町5-14-10 宮地楽器小金井店さくらホール
(JR中央線武蔵小金井駅北口徒歩3分)

・入場料:無料

・問い合わせ先:宮地楽器小金井店
宮地楽器小金井店
042-385-5585
mrc@miyajimusic.com

・備考(出演者、プログラムなど):

講師:中川つよし(宮地楽器リコーダー科講師)
デンナー、ブレッサン、ステインズビー… なんとなくは知っているけど、具体的にどんなものかはあんまりわかっていない…なんてことありませんか? 大学で西洋音楽史の講師も務める宮地楽器の中川つよし講師が、リコーダーの歴史・種類・現代の楽器製作や演奏などについて、CD、DVDの鑑賞を交えながらわかりやすくレクチャーします! 背景がわかるとリコーダー選びがもっと楽しくなること間違いなし! ぜひ奮ってご参加下さいませ♪
https://recorder.miyajimusic.jp/fair2018/event.php


6月30日(土)  東京


・名称:リコーダーアンサンブル発表会 Vol.21
〜3重奏以上の重奏と合奏の発表会〜

・日時:2018年6月30日(土)   11時45分開場   12時00分開演  (16時30分終演)

・場所:清瀬市元町1-6-6 清瀬けやきホール
(西武池袋線清瀬駅北口徒歩4分)

・入場料:無料

・問い合わせ先:松浦 rec_matsu(a)yahoo(dot)co(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

リコーダーアンサンブル発表会 Vol.21
~リコーダー奏者の松浦孝成が指導する、3重奏以上の重奏と合奏の発表会~

●出演グループ(出演順)
ミルクティ
岩井リコーダーアンサンブル
グラン パラセオ
ルシェッロ
津田リコーダーアンサンブル
トレ アッコルディ
Co-Pino
フローエ・フラウ・フレーテ
奏リコーダーアンサンブル
クックゥ クロック
ヴィヴァーチェ
セレナーデ
フィアート
あのん
花音

企画・構成:松浦孝成


http://matsuura.ojaru.jp/


6月30日(土)  神奈川


・名称:厚木リコーダー・オーケストラ 3rd Concert
〜リコーダーの音色に包まれて〜

・日時:2018年6月30日(土)   13時00分開場   13時30分開演

・場所:神奈川県厚木市 厚木市文化会館小ホール
(小田急小田原線「本厚木」駅下車、北口より徒歩13分)

・入場料:無料

・問い合わせ先: atsugirecorder(a)gmail(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

G. Muffat -Concerto
J.S.Bach -Prelude Nr.24 h-moll
E.Morricone -ニューシネマパラダイス


7月1日(日)  千葉


・名称:千葉大学リコーダーアンサンブル 第74回定期演奏会

・日時:2018年7月1日(日)   13時30分開場   14時00分開演

・場所:千葉県千葉市美浜区真砂5丁目15-2 千葉市美浜文化ホール
(JR京葉線検見川浜駅より徒歩約8分)

・入場料:無料

・問い合わせ先:福間
080-2263-4546
kotorino_uta(a)hotmail(dot)co(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

千葉大学リコーダーアンサンブルは千葉大学西千葉キャンパスで活動を行っている音楽系サークルです。
大小様々なリコーダーを使い、幅広いジャンルの曲を演奏いたします。あなたの知らない奥深いリコーダーの世界へ、ぜひお越し下さい。

曲目:リメンバーミー(K.ロペス/R.ロペス)
コンチェルトグロッソ(F.ジェミニアーニ)など

※事前の申し込みは不要です。


7月1日(日)  北海道


・名称:生誕333年の3巨匠バッハ・ヘンデル・D.スカルラッティに寄せて

・日時:2018年7月1日(日)   13時30分開場   14時00分開演  (16時00分終演)

・場所:札幌市 札幌市資料館 2階研修室
(札幌市中央区大通西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅:徒歩5分)

・入場料:500円(全席自由 500円(当日1000円))

・問い合わせ先:新林
メール
090-6262-7163
tshinba@m6.dion.ne.jp

・備考(出演者、プログラムなど):

●今年生誕333年を迎える3巨匠、バッハ・ヘンデル・D.スカルラッティの音楽を中心に、バロックの名曲を古楽器の演奏でお聴き頂きます。

【プログラム】
・J.S. バッハ トリオ・ソナタ ニ長調 BWV1028
・G.F. ヘンデル トリオ・ソナタ Op.2-4 ヘ長調 HWV 389
・D. スカルラッティ チェンバロのためのソナタ
・G.Ph. テレマン パリ四重奏曲 第6番 ホ短調 TWV43:e4
・A. コレルリ リコーダーと通奏低音のためのソナタ ヘ長調 Op.5-4
 ほか

【演奏】
アンサンブル・リベラ・バロッコ  Ensemble Libera Barocco
 新林 俊哉 バロック・フルート、リコーダー
 吉野 聖子 バロック・ヴァイオリン
 吉野 巌  バロック・チェロ

チェンバロ 雪田理菜子(賛助出演)

チケット取り扱い: 大丸プレイガイド 011-221-39005
後援: 札幌市、札幌市教育委員会、アルス室内合奏団
ちらしはこちらで御覧頂けます。
http://tshinba.web.fc2.com/monte/concert/LiveraBarocco2018_0701FL_1M.jpg

アンサンブル・リベラ・バロッコ HP
http://tshinba.web.fc2.com/monte/concert.html


7月5日(木)  東京


・名称:宮地楽器名物!リコーダー合奏講座♪
第33回『リコーダー大合奏を楽しもう!』

・日時:2018年7月5日(木)   11時30分開場   12時00分開演  (16時00分終演)

・場所:小金井市本町5-14-10 宮地楽器小金井店さくらホール
(JR中央線武蔵小金井駅北口徒歩3分)

・入場料:4500円(MRC会員/LINE@会員 3,500円)

・問い合わせ先:宮地楽器小金井店
宮地楽器小金井店
042-385-5585
mrc@miyajimusic.com
(お申し込みはWEBよりお願い致します。)

・備考(出演者、プログラムなど):

スーパーリコーダーカルテットや全国各地のセミナー等で活躍するリコーダー奏者、松浦孝成氏による1日完結のリコーダー合奏講座です。レベルは中級程度ですが、やる気があれば大丈夫!
アンサンブルのコツや、より音楽的に曲を仕上げるための表現方法など、嬉しい収穫盛り沢山の4時間です。また、翌日からのリコーダーフェア展示品を一足早く試奏・購入して頂ける特典付き♪
https://recorder.miyajimusic.jp/ensemble/


7月6日(金)  東京


・名称:【宮地楽器】リコーダーフェア2018開催!

・日時:2018年7月6日(金)   10時00分開場   10時00分開演  (19時00分終演)
  7月6日(金)〜8日(日)

・場所:小金井市本町5-14-10 宮地楽器小金井店
(JR中央線武蔵小金井駅北口徒歩3分(お車でご来場の場合はパークジャパン第5駐車場をご利用下さい。))

・入場料:無料

・問い合わせ先:宮地楽器小金井店
宮地楽器小金井店
042-385-5585
mrc@miyajimusic.com

・備考(出演者、プログラムなど):

宮地楽器の年に一度の大リコーダーフェア!

フェア期間中は各ブランドのリコーダーを約500本展示!ほぼ全品10%引きで販売致します。
また、楽器の試奏はもちろん、点検会や無料のコンサートなどのイベントや、遠方のお客様への選定・配送サービスも行っており、全国のリコーダー愛好家の皆様にお楽しみ頂ける内容となっています。

そして、毎年ご好評頂いております宮地楽器オリジナルリコーダーも、新モデルを発売致します!
今年はリコーダーのストラディバリとも称されるブレッサンをモデルとした、モダンピッチのソプラノリコーダーとアルトリコーダーです。
また、過去のモデルも数量限定で増産し、2016年発売のバロックピッチリコーダーと同じモデルの御蔵島黄楊バージョンも限定3本で発売致します。

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。
https://recorder.miyajimusic.jp/fair2018/


7月7日(土)  東京


・名称:I cambiamenti della musica barocca italiana vol.31

「コレッリを夢見て〜出会い」

・日時:2018年7月7日(土)   14時00分開場   14時30分開演

・場所:初台 東京オペラシティ3F 近江楽堂
(京王新線初台駅下車、オペラシティ方面出口3分)

・入場料:4000円(前売り3500円、学生2000円)

・問い合わせ先:松木アートオフィス
ミューズコンサート企画
03-5353-6937
muse_cp@mbr.nifty.com

・備考(出演者、プログラムなど):

■出演 太田光子(リコーダー)、平井み帆(チェンバロ)

■チケット取り扱い
東京オペラシティチケットセンター tel 03-5353-9999
東京古典楽器センター tel 03-3952-5515
チケットぴあ tel. 0570-02-9999
7月7日Pコード:113534

※2019年2月17日との2回通し券¥6500は、ミューズコンサート企画のみのお取り扱い

■演奏予定曲目
7月公演
A. コレッリ ソナタ第11番
G.B.ヴィヴィアーニ シンフォニア第1番
A.ベラルディ カンツォン第6番 室内カプリッチョ
G.ムッファト パッサカリア

■主催、お問い合わせ
ミューズコンサート企画 tel&fax0422-44-5306
e-mail: muse_cp@mbr.nifty.com


〜コレッリを夢見て〜
イタリアバロックを代表する作曲家、アルカンジェロ・コレッリ(1653〜1713)。
ローマを中心に活躍したコレッリは同時代の音楽家達に多大な影響を与え、音楽は後期バロックへと大きな変化を遂げました。
2018年7月7日公演では、新旧様々な様式が共存した17世紀末のイタリア音楽界の多様性を、また、コレッリの誕生日にお送りする2019年2月17日公演ではコレッリに出会い、
影響を受けた作曲家達の作品を集めてお送りします。
さらに2019年1月13日開催の大阪公演では、コレッリを軸としたイタリア音楽のダイナミックな変化をお楽しみいただきます。
イタリアのバロック音楽の魅力を、新たな切り口で、歌心と情感溢れるライブ感いっぱいのアンサンブルでお楽しみください!

こちらから、チケットをお申込みいただけます。

■チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1815786


7月10日(火)  大阪


・名称:松浦孝成のリコーダーオーケストラレッスン Vol.27

・日時:2018年7月10日(火)   13時00分開場   13時15分開演  (16時30分終演)
  会場がこれまでと変わっています

・場所:大阪市北区中之島1丁目1番27号 大阪市中央公会堂 大会議室
(地下鉄・京阪 淀屋橋駅 徒歩5分)

・入場料:4000円(楽譜代・送料込 6月26日までにお申し込みの方全員に楽譜を郵送します)

・問い合わせ先:松浦孝成のリコーダーオーケストラレッスンの会事務局
070-1514-5816
matsuurarecolesson(a)gmail(dot)com
(電話受付時間 平日18時〜20時)

・備考(出演者、プログラムなど):

受講曲
・夏のカノン(新倉 健)
・モテット「来たれ、イエスよ、来たれ」BWV229(J.S.バッハ) ほか

持ち物
・リコーダー(いろいろなリコーダーをお持ちください)
・譜面台
・筆記具

定員 50名(定員になり次第申し込みを締め切ります)

http://matsuurarecolesson.blogspot.jp/


7月14日(土)  東京


・名称:2018年 リコーダー重奏&合奏発表会

・日時:2018年7月14日(土)   14時40分開場   15時00分開演

・場所:埼玉県川口市川口3-1-1 川口総合文化センター・リリア 音楽ホール
(JR京浜東北線 川口駅 西口正面)

・入場料:無料

・問い合わせ先:金子
03-5997-3357
kanekotang3431@yahoo.co.jp

・備考(出演者、プログラムなど):

企画/金子 健治

ゲスト/安井 敬 早ア 靖典 庄司 祐子

予定曲/

【第T部】 重奏の部 15:00〜
・アヴァン・ビエール《二重奏》
   2重奏曲(G.シャノン)
・プチ・エスカルゴ《三重奏》
   3声のブラウニング(J.ボールドウィン)他
・トリ男《三重奏》
   3重奏曲 第1番(J.フック)
・アンサンブル ドルチェ《三重奏》
   “パーティー・タイム”より(A.ローゼンヘック)他
・スプリング・カルテット《四重奏》
   舞曲集より(P.ファレーズ)
・4U《四重奏》
   “四季+1”よりV、X(A.ローゼンヘック)他
・奏ゼクステット《六重奏》
   カンツォーナ(S.シャイト)他
・アント ブルーム+《八重奏》
   ミッドサマー・モリス(A.レヴィン)他

【第U部】 合奏の部 16:30頃〜
・アマレッティ《小合奏》
   “四季+1”よりU、W(A.ローゼンヘック)他
・NHK文化センター八王子教室《小合奏》
   舞曲集“テレプシコーレ”より(M.プレトリウス)
・ふえぴりか《小合奏》
   日本民謡メドレー(日本民謡/金子健治)
・南大塚リコーダーくらぶ《合奏》
   さとうきび畑(寺島尚彦/金子健治)他
・チームCoCo《合奏》
   パヴァーンとガリアルド(S.シャイト)他
・いずみリコーダーアンサンブル《合奏》
   組曲“ミッドサマー・メドー”より(L.ヒリング) 
        〜休憩〜
・リコーダーアンサンブル 奏《合奏》
   カノン(J.パッヘルベル/金子健治)他
・リコーダーアンサンブル 風《合奏》
   インディオの髪飾りT、U(金子健治)
・アスペクト・リコーダーアンサンブル《合奏》
   “水上の音楽”より(G.F.ヘンデル)他
・NHK文化センターさいたまアリーナ教室《合奏》
   諸国の人々(G.P.テレマン)
・Piccola Picori《小合奏》
   ディヴェルティメント第11番(W.A.モーツァルト)
・大泉リコーダーの会《合奏》
   ホルベルク組曲 より(E.グリーグ)他

【第V部】 ゲスト演奏 19:00頃〜
・3名のリコーダー奏者をお迎えして
・全員合奏 《会場の皆さんもご一緒に》

※客席には余裕がありますので、出演者以外の方も
 ご自由にお聴きいただけます。
※最後にお客様もご一緒に全員合奏を予定しておりますので、
 お手持ちのリコーダーでご参加下さい。


http://kanekokenji.com


7月14日(土)  東京


・名称:ハミングバード・リコ「夏のコンサート」
※今年で創立35年目です。予約不要ですのでお気軽にお越しください。

・日時:2018年7月14日(土)   18時20分開場   18時30分開演

・場所:東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館 たづくり くすのきホール

・入場料:無料

・問い合わせ先: ayaya(a)msf(dot)biglobe(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

指揮:古山和男、演奏曲目(予定):D.スカルラッティ 「リコーダーのための小さな4重奏曲」、J.B.リュリ 「パエトンのシャコンヌ」、J.S.バッハ「フーガの技法」、L.v.ベートーヴェン「音楽時計のメヌエット」、L.イエッセル 「おもちゃの兵隊の行進」、R.レーリッヒ 「セレナーデ」 他


7月14日(土)  東京


・名称:オランダ留学中の中村栄宏さんと、リコーダーアンサンブルcapriccioによるコンサート

・日時:2018年7月14日(土)   18時40分開場   19時00分開演  (20時45分終演)

・場所:東京都 東京オペラシティ 近江楽堂

・入場料:2500円(前売り2000円 詳細は、問い合わせ先まで)

・問い合わせ先:岩田 capriccio(dot)recorder18(a)gmail(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

前半 中村栄宏によるソロ
後半 中村栄宏とcapriccioによるアンサンブル


8月24日(金)  東京


・名称:中島恵美 リコーダーリサイタル

・日時:2018年8月24日(金)   18時30分開場   19時00分開演  (21時00分終演)

・場所:〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F 近江楽堂

・入場料:4000円(一般前売り3000円/学生(30歳以下)前売り2500円、学生当日3000円)

・問い合わせ先:松木アートオフィスマネジメント
中島
03-5353-6937
eminakajima83(dot)fl(a)gmail(dot)com
(イープラス/チケットぴあでもチケットの取り扱いがございます。)

・備考(出演者、プログラムなど):

【現在フランスに留学中の若手リコーダー奏者・中島恵美による自身初のリサイタル! 】
今回はフランス・ドイツの後期バロック時代の作品を中心としたプログラムになっており、
P-D.フィリドールやN.シェドヴィルなどリコーダーにとって欠かせないレパートリーはもちろんのこと、
J.S.バッハのフルートソナタのような名曲も聴き所である。
演奏者の息遣いを間近に感じられる近江楽堂で、彼女の持つ音色や、繊細な表現を間近に感じられるだろう。

そして共演するのは、同じくリヨン国立高等音楽院で学ぶチェンバロ奏者・曽根田駿である。
ソロだけでなく通奏低音にも定評がある奏者で、国内外で様々な演奏会に出演している。


■プログラム
- N.シェドヴィーユ:「忠実な羊飼い」よりソナタ第6番(Op.13)
- P-D.フィリドール:組曲第5番(Op.1)
- J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタロ短調 BWV1030
ほか

■出演:中島恵美(リコーダー)

東京都出身。15歳よりリコーダーを習い始め、高校在学中、東京リコーダーコンテスト及び全日本リコーダーコンテスト高校生独奏の部で金賞・銀賞を受賞。東京芸術大学音楽学部器楽科リコーダー専攻卒業、2014年度同大学より「安宅賞」受賞。2015年よりフランスへ渡りリヨン地方音楽院を経て、2018年6月にリヨン国立高等音楽院古楽科にて演奏家ディプロマを取得。これまでにリコーダーを細岡ゆき、山岡重治、濱田芳通、スージー・モールマイヤー、ピエール・アモンの各氏に師事。 

共演:曽根田駿(チェンバロ)


9月22日(土)  大阪


・名称:SHIGERU AKIYAMA BAROQUE RECORDER EXPERIENCE Vol.6
イタリアバロックのリコーダーソナタ集

・日時:2018年9月22日(土)   14時30分開場   15時00分開演

・場所:大阪市中央区東心斎橋1-6-7 日本キリスト教団 島之内教会

・入場料:5000円(4500円(前売) 5000円(当日) 学生1000円 ※全席自由)

・問い合わせ先:アンリュウリコーダーギャラリー
アンリュウリコーダーギャラリー
06-6678-1011
gallery(a)anrieu-recorder(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

<出演者>
秋山 滋  リコーダー
笠原 雅仁 テオルボ & バロックギター
橋 弘治 バロックチェロ
秋山 麻子 チェンバロ


<プログラム>
コレッリ Arcangelo Corelli :
  ソナタ 第9番 Sonata Op.5 No.9
  ソナタ 第7番 Sonata Op.5 No.7
  ソナタ 第12番 Sonata Op.5 No.12 [La Follia]
サンマルティーニ Giuseppe Sammartini :
  ソナタ 第4番 Sonata Op.2 No.4
ヴェラチーニ Francesco Veracini :
  ソナタ 第2番 Sonata Op.1 No.2
ヴィヴァルディ Antonio Vivardi :
  ソナタ RV.806 Sonata G-dur RV.806


<会場・アクセス>
日本キリスト教団 島之内教会

アクセス
地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅 心斎橋筋出口(大丸側)徒歩約7分
地下鉄堺筋線「長堀橋」駅 7番出口 徒歩約3分


<チケット取り扱い>
◆アンリュウリコーダーギャラリー
  (TEL) 06-6678-1011 (Mail) gallery@anrieu-recorder.com
◆三木楽器 Wind Forest
[主催] OFFICE AKIYAMA
[協賛] 竹山木管楽器製作所、アンリュウリコーダーギャラリー、三木楽器 Wind Forest

http://www.a-rg.jp/event.php#e182


10月3日(水)  東京


・名称:アントネッロ第12回定期公演
「愛しのカッチーニ Parte2」〜ジューリオ・カッチーニの新しい音楽世界〜

・日時:2018年10月3日(水)   13時30分開場   14時00分開演  (15時30分終演)
  ※休憩なし ※同プログラムの夜公演(19時開演)有り

・場所:東京都港区 JTアートホール アフィニス
(東京メトロ銀座線虎ノ門駅3番出口より徒歩4分。東京メトロ銀座線・南北線溜池山王駅9番出口より徒歩5分。東京メトロ日比谷線・千代田線・丸ノ内線霞ヶ関駅A13番出口より徒歩7分。)

・入場料:4500円(【全席指定】前売4200円、ペア券8000円、5/9(水)公演との通し券(チケット各1枚計2枚)8000円、通しペア券(チケット各2枚敬4枚)15500円)

・問い合わせ先:アントネッロ・コンサート anthonello(dot)concert(a)gmail(dot)com

・備考(出演者、プログラムなど):

プログラム:G.カッチーニ『新音楽と新書法(1614)』より
出演:阿部雅子(ソプラノ)
   中嶋克彦(テノール)
   西山まりえ(チェンバロ/バロック・ハープ)
   石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
   濱田芳通(リコーダー/コルネット/音楽監督)
アントネッロHP www.anthonello.com/


10月3日(水)  東京


・名称:アントネッロ第12回定期公演
「愛しのカッチーニ Parte2」〜ジューリオ・カッチーニの新しい音楽世界〜

・日時:2018年10月3日(水)   18時30分開場   19時00分開演
  ※休憩なし ※同プログラムの昼公演(14時開演)有り

・場所:東京都港区 JTアートホール アフィニス
(東京メトロ銀座線虎ノ門駅3番出口より徒歩4分。東京メトロ銀座線・南北線溜池山王駅9番出口より徒歩5分。東京メトロ日比谷線・千代田線・丸ノ内線霞ヶ関駅A13番出口より徒歩7分。)

・入場料:4500円(【全席指定】前売4200円 ペア券8000円 5/9(水)公演との通し券(チケット各1枚計2枚)8000円、通しペア券(チケット各2枚敬4枚)15500円)

・問い合わせ先:アントネッロ・コンサート anthonello(dot)concert(a)gmail(dot)com
(イープラス、東京古典楽器センターでも販売有り 詳細アントネッロHP http://www.anthonello.com/)

・備考(出演者、プログラムなど):

プログラム:G.カッチーニ『新音楽と新書法(1614)』より
出演:阿部雅子(ソプラノ)
   中嶋克彦(テノール)
   西山まりえ(チェンバロ/バロック・ハープ)
   石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
   濱田芳通(リコーダー/コルネット/音楽監督)

アントネッロHP http://www.anthonello.com/


10月6日(土)  神奈川


・名称:ヤコブ・ファン・エイク<笛の楽園>リコーダーセミナー

・日時:2018年10月6日(土)   12時30分開場   13時00分開演
  10/6(土)〜10/8(月・祝)

・場所:神奈川県厚木市 アツギミュージアム
(小田急線・本厚木駅北口 5番バス乗り場より 神奈川中央バス「小鮎久保」下車 徒歩3分)

・入場料:37000円(セミナー参加費用 *宿泊あり 全行程参加37000円(2食付き・2泊分宿泊料込) 2日間参加25000円(2食付き・1泊分宿泊料込) *宿泊なし  全行程参加20000円  2日間参加15000円  2日目のみ参加10000円  1又は3日目のみ参加7500円 )

・問い合わせ先:フラウトカンタービレ事務局
フラウトカンタービレ事務局
050-5240-0345
flauto_cantabile@yahoo.co.jp

・備考(出演者、プログラムなど):

17世紀オランダで出版されたヤコブ・ファン・ エイクによる曲集、《笛の楽園》に特化したセミナーを行います。
ディミニューションによる変奏がふんだんに施された《笛の楽園》のディープな世界を体験してみませんか?

このセミナーは、どなたでもご参加頂けます。
お気軽に、ご参加、お問い合わせください。

★日時 10/6(土)〜10/8(月・祝)

★会場 アツギミュージアム
    アクセス 本厚木駅北口5番バス乗り場から「小鮎久保」下車 徒歩3分
    所在地  〒243-0213 神奈川県厚木市飯山1006  TEL:046-241-4018

★講師 濱田芳通、細岡ゆき

★内容《笛の楽園》に取り上げられている作品、元歌についての考察、個人、アンサンブルレッスンなど。

★ご予約・お問い合わせ
フラウト・カンタービレ事務局 Email : flauto_cantabile@yahoo.co.jp
Tel : 050-5240-0345 Fax : 0463-24-0032

★セミナー参加費用(プラン〜アルファベットでご指定下さい)

*宿泊あり
A 全行程参加 37000円(2食付き・2泊分宿泊料込)
B 2日間参加 25000円(2食付き・1泊分宿泊料込)

*宿泊なし
C 全行程参加  20000円
D 2日間参加  15000円
E 2日目のみ参加 10000円
F 1又は3日目のみ参加 7500円 

*聴講  
a 全行程聴講  7000円 
b 2日間参加  6000円
c 2日目のみ参加 4000円
d 1又は3日目のみ参加 2500円


10月13日(土)  長野



野崎剛右&上羽剛史
”La Favorite”
フレンチとイタリアン・バロックのお気に入りを集めて...


プログラム

リュリ、フィリドール、ラモー、ペジブル / コレッリ、ベリンツァーニ、D.スカルラッティの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


10/13(土)15:00開演(14:30 開場)

会場 望嶽荘
長野県小諸市菱平595-13

入場料 3,000円

主催 みすずかる樂人協会(Misuzucal Association of Music Lovers)

ご予約・お問い合わせ 寺嶋 090-9103-8817, hotteterre@samba.ocn.ne.jp



出演者


野崎 剛右  リコーダー

東京生まれ。長野県立小諸高校音楽科、東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで成功を収める。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランス、パリ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、古楽器と邦楽器からなるコンテンポラリー・オーケストラ「アンサンブル室町」メンバー。



上羽剛史  ハープシコード

愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、オランダ、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はイタリア、ミラノ市立音楽院に在籍。奨学生として公式伴奏員をつとめる。これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。両音楽院のオーケストラ・プロジェクトに参加し、ステファノ・モンタナーリやアレッサンドロ・クアルタなど古楽界を代表する指揮者と共演。また、古典鍵盤楽器での4手連弾には特に力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。第1回ミラノ国際チェンバロコンクール・ファナリスト。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。
https://uwaharpsichord.wixsite.com/tsuyoshi-uwaha Twitter(@clavichordium)


https://paonozaki.exblog.jp/i0/


10月17日(水)  東京



野崎剛右&上羽剛史
”La Favorite”
フレンチとイタリアン・バロックのお気に入りを集めて...


プログラム

リュリ、フィリドール、ラモー、ペジブル / コレッリ、ベリンツァーニ、D.スカルラッティの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


10/17(水) 19:00 開演(18:30 開場)
東京オペラシティ 近江楽堂
東京都新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F (03-5353-6937)

入場料 3,500円 (当日4,000円)

ご予約 PAO 音楽事務局 arcangelo4989@yahoo.co.jp
メールにてお名前、ご連絡先、ご来場人数をお知らせください。



出演者


野崎 剛右  リコーダー

東京生まれ。長野県立小諸高校音楽科、東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで成功を収める。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランス、パリ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、古楽器と邦楽器からなるコンテンポラリー・オーケストラ「アンサンブル室町」メンバー。



上羽剛史  ハープシコード

愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、オランダ、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はイタリア、ミラノ市立音楽院に在籍。奨学生として公式伴奏員をつとめる。これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。両音楽院のオーケストラ・プロジェクトに参加し、ステファノ・モンタナーリやアレッサンドロ・クアルタなど古楽界を代表する指揮者と共演。また、古典鍵盤楽器での4手連弾には特に力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。第1回ミラノ国際チェンバロコンクール・ファナリスト。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。
https://uwaharpsichord.wixsite.com/tsuyoshi-uwaha Twitter(@clavichordium)


https://paonozaki.exblog.jp/i0/


10月20日(土)  愛知


野崎剛右&上羽剛史
”La Favorite”
フレンチとイタリアン・バロックのお気に入りを集めて...


プログラム

リュリ、フィリドール、ラモー、ペジブル / コレッリ、ベリンツァーニ、D.スカルラッティの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


10/20(土)13:30 開演(13:00 開場)

文化のみち 百花百草
愛知県名古屋市東区白壁4-91(052-931-1036)

入場料 3,000円(当日 3,500円)

ご予約・お問い合わせ 上羽 052-951-7875, agehatch@gmail.com



出演者


野崎 剛右  リコーダー

東京生まれ。長野県立小諸高校音楽科、東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで成功を収める。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランス、パリ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、古楽器と邦楽器からなるコンテンポラリー・オーケストラ「アンサンブル室町」メンバー。



上羽剛史  ハープシコード

愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、オランダ、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はイタリア、ミラノ市立音楽院に在籍。奨学生として公式伴奏員をつとめる。これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。両音楽院のオーケストラ・プロジェクトに参加し、ステファノ・モンタナーリやアレッサンドロ・クアルタなど古楽界を代表する指揮者と共演。また、古典鍵盤楽器での4手連弾には特に力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。第1回ミラノ国際チェンバロコンクール・ファナリスト。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。
https://uwaharpsichord.wixsite.com/tsuyoshi-uwaha Twitter(@clavichordium)


https://paonozaki.exblog.jp/


12月3日(月)  東京


・名称:フランダース・リコーダー・カルテット(FRQ) 日本最終公演
「最終章」“The Final Chapter”(賛助出演 吉嶺史晴)

・日時:2018年12月3日(月)   19時00分開演

・場所:東京都台東区 東京文化会館 小ホール

・入場料:7000円(S席前売り料金【全席指定】  チケット料金の詳細は備考欄をご参照ください。 )

・問い合わせ先:フランダース・リコーダー・カルテット日本最終公演実行委員会
099-229-4452
nangokurecords(a)goo(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

1987年にベルギーで結成されて以来、世界を駆け抜けて来たフランダース・リコーダー・カルテットは、本年末に31年間の演奏活動に終止符を打ち、解散が決定。 今回が最後の公演となります。リコーダー界の至宝が贈る”最終章”に是非ご期待ください。

2m30cmのバロックピッチ(A=415Hz)コントラバスリコーダーから手のひらに乗るクライネ・ソプラニーノリコーダーまで四十本以上の楽器を駆使、圧倒的な演奏力で豊穣の響きを紡ぎ出します。31年間の活動の集大成となる本公演では、ルネサンス音楽からバッハ、ヴィヴァルディのバロック音楽、さらにはピアソラやジャズ、現代音楽までが奏されます。また、本公演には元メンバーの吉嶺史晴も賛助出演し、五重奏に参加するほか、無伴奏テナー・リコーダーでバッハの傑作「シャコンヌ」を演奏します。日本最終公演、是非お聴きのがしなく!


・主な演奏曲目

バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750)
リコーダー四重奏のための“パッサカリア” ト短調 (編曲 B.スパンホフ)
Passacaglia in g minor BWV 582 Arr. Bart Spanhove

ピアソラ Astor Piazzolla (1921-1992)
“オブリヴィオン”Oblivion (1982) Arr. Joris Van Goethem (編曲 J.V.ゴーテム)

バッハJohann Sebastian BACH(1685 - 1750)
無伴奏テナーリコーダーのための「シャコンヌ」 “Chaconna”BWV1004 from PartitaII (吉嶺独奏)

ワーロック Peter WARLOCK(1894 - 1930)
カプリオール組曲(五重奏)
Bass dance - Pavane - Tordion - Bransles - Pieds en l’air - Mattachin

ヴィヴァルディ Antonio VIVAIDI(1678 - 1741)
和声と創意への試み 協奏曲集「四季」より冬(五重奏)
“Il cimento Dell’armonia e dell’inventzone” RV297 “L’Inverno”
Allegro non molto - Largo - Allegro


FRQの演奏の様子は以下のサイト(ユーチューブ)で御覧いただくことができます。
https://www.youtube.com/user/frquartet/videos?disable_polymer=1


【入場料金】
  前売り料金 S席7,000円、A席6,000円
  当日料金  S席7,500円、 A席6,500円 いずれも全席指定。

東京文化会館チケットサービス(03-5685-0650)、イープラス(http://eplus.jp/)
で6月1日発売開始予定


12月12日(水)  東京


ヴェラチーニのリコーダーソナタほか

リコーダー:本村睦幸
通奏低音:ジュゴンボーイズ(山本徹&根本卓也)

近江楽堂(東京オペラシティ3階)
19:00開演

問い合わせ:
デ・ルストホフ lusthof.concerts●gmail.com(●をアットマークに変えてください)


メールアドレスについて

記載されているメールアドレスには、一部メールアドレスに必ず含まれる文字がないものがあります。
その場合には適切に修正してお使いください。


登録のご案内

演奏会、イベントを催される方、情報をお寄せください。

ここに掲載したい情報がありましたら新規登録のページへ。
(掲載情報の修正、コピーは修正などのページ

一般の方の入場が可能なら、小さな発表会でも結構です。


 リコーダーの広場に戻る


リコ広管理人<ay4s-akym@asahi-net.or.jp>

All rights reserved, Copyright(c)1996-2017 リコ広

Ver 1.40

- CosmoNavi -
edit reco_a