logo

演奏会・イベント情報

別ウィンドウで開いています

御利用上のお願い:
 
 
日時、内容等が変更になることがあります。
必ず問い合わせ先に確認してから、
お出かけになるようお願い致します。


2018年

12月3日(月)  東京


・名称:フランダース・リコーダー・カルテット(FRQ) 日本最終公演
「最終章」“The Final Chapter”(賛助出演 吉嶺史晴)

・日時:2018年12月3日(月)   19時00分開演

・場所:東京都台東区 東京文化会館 小ホール

・入場料:7000円(S席前売り料金【全席指定】  チケット料金の詳細は備考欄をご参照ください。 )

・問い合わせ先:フランダース・リコーダー・カルテット日本最終公演実行委員会
099-229-4452
nangokurecords(a)goo(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

1987年にベルギーで結成されて以来、世界を駆け抜けて来たフランダース・リコーダー・カルテットは、本年末に31年間の演奏活動に終止符を打ち、解散が決定。 今回が最後の公演となります。リコーダー界の至宝が贈る”最終章”に是非ご期待ください。

2m30cmのバロックピッチ(A=415Hz)コントラバスリコーダーから手のひらに乗るクライネ・ソプラニーノリコーダーまで四十本以上の楽器を駆使、圧倒的な演奏力で豊穣の響きを紡ぎ出します。31年間の活動の集大成となる本公演では、ルネサンス音楽からバッハ、ヴィヴァルディのバロック音楽、さらにはピアソラやジャズ、現代音楽までが奏されます。また、本公演には元メンバーの吉嶺史晴も賛助出演し、五重奏に参加するほか、無伴奏テナー・リコーダーでバッハの傑作「シャコンヌ」を演奏します。日本最終公演、是非お聴きのがしなく!


・主な演奏曲目

バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750)
リコーダー四重奏のための“パッサカリア” ト短調 (編曲 B.スパンホフ)
Passacaglia in g minor BWV 582 Arr. Bart Spanhove

ピアソラ Astor Piazzolla (1921-1992)
“オブリヴィオン”Oblivion (1982) Arr. Joris Van Goethem (編曲 J.V.ゴーテム)

バッハJohann Sebastian BACH(1685 - 1750)
無伴奏テナーリコーダーのための「シャコンヌ」 “Chaconna”BWV1004 from PartitaII (吉嶺独奏)

ワーロック Peter WARLOCK(1894 - 1930)
カプリオール組曲(五重奏)
Bass dance - Pavane - Tordion - Bransles - Pieds en l’air - Mattachin

ヴィヴァルディ Antonio VIVAIDI(1678 - 1741)
和声と創意への試み 協奏曲集「四季」より冬(五重奏)
“Il cimento Dell’armonia e dell’inventzone” RV297 “L’Inverno”
Allegro non molto - Largo - Allegro


FRQの演奏の様子は以下のサイト(ユーチューブ)で御覧いただくことができます。
https://www.youtube.com/user/frquartet/videos?disable_polymer=1


【入場料金】
  前売り料金 S席7,000円、A席6,000円
  当日料金  S席7,500円、 A席6,500円 いずれも全席指定。

東京文化会館チケットサービス(03-5685-0650)、イープラス(http://eplus.jp/)
で6月1日発売開始予定


メールアドレスについて

記載されているメールアドレスには、一部メールアドレスに必ず含まれる文字がないものがあります。
その場合には適切に修正してお使いください。



リコ広管理人<ay4s-akym@asahi-net.or.jp>

All rights reserved, Copyright(c)1996-2017 リコ広

Ver 1.40

- CosmoNavi -
edit reco_a