logo

演奏会・イベント情報

別ウィンドウで開いています

御利用上のお願い:
 
 
日時、内容等が変更になることがあります。
必ず問い合わせ先に確認してから、
お出かけになるようお願い致します。


2018年

10月17日(水)  東京



野崎剛右&上羽剛史
”La Favorite”
フレンチとイタリアン・バロックのお気に入りを集めて...


プログラム

リュリ、フィリドール、ラモー、ペジブル / コレッリ、ベリンツァーニ、D.スカルラッティの作品、ほか
※曲目は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


10/17(水) 19:00 開演(18:30 開場)
東京オペラシティ 近江楽堂
東京都新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F (03-5353-6937)

入場料 3,500円 (当日4,000円)

ご予約 PAO 音楽事務局 arcangelo4989@yahoo.co.jp
メールにてお名前、ご連絡先、ご来場人数をお知らせください。



出演者


野崎 剛右  リコーダー

東京生まれ。長野県立小諸高校音楽科、東京藝術大学音楽学部でリコーダーと古楽演奏法を学ぶ。卒業後、演奏家・指導者としての活動の後、2014年にオランダへ渡る。デン・ハーグ王立音楽院より学費免除を受け、古楽科修士課程を修了。修士研究は、"A practical exploration of the historical fingerings of Baroque Recorders in England, France and Germany." のタイトルで成功を収める。文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、2016年よりフランス、パリ国立地方音楽院古楽科に在籍。主にリコーダー・コンソートで、オランダ・ユトレヒト、デイフェンター、ベルギー・ブルージュ、フランス・パリ(ヴァンヴ)、サン・ル・ラ・フォレ、セルビア・ベオグラートなど各地の古楽音楽祭に出演するほか、オーケストラプロジェクトではヴェルサイユ宮殿「王のシャペル」での公演に参加。これまでに、リコーダーを品川治夫、吉澤実、山岡重治、レーヌマリー・フェアハーヘン、セバスチャン・マルク、リコーダーとリコーダー・コンソート をダニエル・ブリュッヘンの各氏に師事。国内では、NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力する。リコーダーユニット「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。「アンテロープ・リコーダー・コンソート」、「たてぶえ系男子」、古楽器と邦楽器からなるコンテンポラリー・オーケストラ「アンサンブル室町」メンバー。



上羽剛史  ハープシコード

愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学を経て、オランダ、アムステルダム音楽院古楽科を卒業。現在はイタリア、ミラノ市立音楽院に在籍。奨学生として公式伴奏員をつとめる。これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。両音楽院のオーケストラ・プロジェクトに参加し、ステファノ・モンタナーリやアレッサンドロ・クアルタなど古楽界を代表する指揮者と共演。また、古典鍵盤楽器での4手連弾には特に力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。第1回ミラノ国際チェンバロコンクール・ファナリスト。第4回「プレミオ・セリーファ」国際室内楽コンクール・通奏低音奏者賞。
https://uwaharpsichord.wixsite.com/tsuyoshi-uwaha Twitter(@clavichordium)


https://paonozaki.exblog.jp/i0/



リコ広管理人<ay4s-akym@asahi-net.or.jp>

All rights reserved, Copyright(c)1996-2017 リコ広

Ver 1.40

- CosmoNavi -
edit reco_a