logo

演奏会・イベント情報

別ウィンドウで開いています

御利用上のお願い:
 
 
日時、内容等が変更になることがあります。
必ず問い合わせ先に確認してから、
お出かけになるようお願い致します。


2018年

9月24日(月・祝)  北海道


・名称:「リコーダーで聴くバロック音楽のひととき」
〜リコーダーが一番輝いていた時代〜

・日時:2018年9月24日(月・祝)   13時30分開場   14時00分開演  (16時00分終演)

・場所:札幌市 札幌市資料館 2階研修室
(札幌市中央区大通西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅:徒歩5分)

・入場料:500円(全席自由 前売り1000円(当日1500円))

・問い合わせ先:新林
新林
090-6262-7163
tshinba(a)m6(dot)dion(dot)ne(dot)jp

・備考(出演者、プログラムなど):

教育楽器で広く知られているリコーダーですが、バロック時代には旋律楽器の1つとして、活躍していた楽器です。そのリコーダーが一番輝いていた時代の音楽を集めて、この楽器の良さを改めて感じて頂こうというプログラムです。

【プログラム】

・G.Ph.テレマン 2本のリコーダーのためのソナタ ニ短調 TWV40:105
・J.B. ボワモルティエ 3本のフルートのためのソナタ ロ短調 Op.7-2
・M.P. モンテクレール 2本のリコーダーのコンセール第4番 ロ短調
・J. マテゾン 3本のリコーダーのためのソナタ ト短調 Op.1-3
・J.J. クヴァンツ 二重奏曲第3番 ニ短調 Op.2-3
・M. ブラヴェ 練習曲集より 組曲ト短調
ほか

【演奏】
・安藤由香 リコーダー(賛助出演)
 東京藝術大学古楽科卒業後、様々な合唱団・室内アンサンブル等と共演。また読売・日本テレビ文化センターにてアンサンブル・個人レッスンにあたり、2011年リヨン国立高等音楽院古楽科リコーダー専攻に入学。中世・ルネサンス時代のリコーダーを含めたアンサンブル・古楽和声・作曲法等を学ぶ。16世紀フランスルネサンス教本から研究を行い、2016年フランス国家演奏家資格を取得し、日本へ帰国。また4年間に渡り愛好家のための季刊誌「季刊リコーダー」にコラムを寄稿、2016年から2020年まで中学器楽教科書 音楽のおくりもの(教育出版)に指導者兼アシスタントとして掲載。現在は札幌や北見でリコーダー指導にあたる。ブログhttp://akuyuodna.blog32.fc2.com/

・新林 俊哉 リコーダー
・関根 大地 リコーダー

チケット取り扱い: 大丸プレイガイド 011-221-39005
後援: 札幌市、札幌市教育委員会、モンテクレールアンサンブル札幌

アンサンブル・リベラ・バロッコ HP
http://tshinba.web.fc2.com/cuore/cuore.html


メールアドレスについて

記載されているメールアドレスには、一部メールアドレスに必ず含まれる文字がないものがあります。
その場合には適切に修正してお使いください。



リコ広管理人<ay4s-akym@asahi-net.or.jp>

All rights reserved, Copyright(c)1996-2017 リコ広

Ver 1.40

- CosmoNavi -
edit reco_a